歯の移動効率を高めるアンカースクリューの併用

 

矯正用アンカースクリューを併用し、治療をより確実に、高い精度で、スピーディーに。

極小のネジ(=矯正用アンカースクリュー)を歯茎に埋め込み、それを軸として歯を引っ張って動かす治療技術です。治療期間の短縮、精密で質の高い治療、確実性の向上を図ることができます。

従来では難しかった症例が治療可能となり、また、歯を抜かずに矯正治療ができる可能性も広がりました。患者さんの負担を軽減し、安全に、効率的に、シンプルに、質の高い治療結果へと導くことができます。

いわゆる歯科用インプラントとは全く別物です。施術は安全かつ簡単で、局所麻酔の使用で痛みや腫れもほとんどなく治療が可能です。治療後はスクリューを取り除き、傷などが残る心配もありません。

治療期間の短縮・患者さんの負担軽減

画像:従来の歯の動かし方

従来の歯の動かし方

例えば、前歯が出ている症状では、前歯を引っ込めるスペースを確保するために、抜歯が必要となる場合があります。前から4番目の歯を抜いた場合で説明します。

この状況では、前歯3本を一塊りとして後ろに動かしたいところですが、その場合「奥歯3本vs前歯3本」の綱引き状態となり、力のバランスから、奥歯が前に動いてしまいます。それを防ぐため、まずは「奥歯3本vs前歯1本」で3番目の歯だけを引っ張って、その後に残りの前歯2本をまとめて動かすという「2段階の移動」を行います。(それでもわずかに奥歯は前に動いてしまいます)

画像:アンカースクリューを併用すると

アンカースクリューを併用すると

一方で、矯正用アンカースクリューを用いると、奥歯と違ってスクリューは強固に固定されているので、一度に前歯3本をまとめて引っ張って移動することができます。結果として治療期間が短縮されます。(それによって虫歯のリスクも減ります)

画像:患者さんの負担軽減

患者さんの負担軽減

従来は、上記のように動かしたくない歯まで動いてしまうことを防ぐために、ヘッドギアやパラタルバーといった付加的な矯正装置を使用します。それを患者さん自身が、決められた時間・用法で毎日使用する必要があり、それによって治療結果が左右されてしまいます。一方でアンカースクリューを用いる場合はその必要がなく、安定して治療を進めていくことが可能です。

歯の移動の限界が広がる

矯正用アンカースクリューの使用により、従来では動かせなかった方向に歯を動かせたり、不可能だった移動量(距離)が可能になりました。スクリューが固定された軸となるため、歯の動きを確実にコントロールすることができます。

01 抜歯せずに矯正できる可能性が高い

奥歯をさらに奥に動かす治療は、従来の矯正治療ではほとんど不可能に近く、できたとしても動かせる量はわずかなものでした。矯正用アンカースクリューはそれを可能にします。

それによって、従来であれば小臼歯などを抜かなくてはならない症状でも、歯を抜かずに治療できる可能性が高くなりました。また、単にでこぼこを並べると口元が突出してしまうケースでも、突出を抑えながらでこぼこを改善することが可能です。

02 難易度の高い症状の治療

今までは難しかった歯の移動方向や移動量を得ることが可能となり、より難易度、重症度の高い症状でも治すことが可能です。結果として、質の高い治療結果となります。

03 外科矯正を避けられる、もしくは手術の負担を軽減できる

外科矯正が必要な難易度・重症度の高い症状でも、手術を行わないで矯正治療だけで改善できたり、手術をしたとしても、手術時の骨の移動量を減らすことで、手術にかかる負担を軽減することができます。

例えば重度のガミースマイルの場合、本来ならば上あごを持ち上げる手術を行いますが、インプラント矯正によって手術をすることなく症状を大きく改善することができます。

04 歯の圧下が可能

これまで困難だった、歯の圧下(歯茎の骨の中に押し込む治療)が可能です。それによって、ガミースマイル(笑った時に歯茎が見えすぎる症状)や、開咬(奥歯はかんでいるのに前歯が開いてる)、また、正面からお顔を見た時に、上の歯列が左右に傾いているような症状の改善も可能となりました。

05 動かしたい歯だけを、精密に動かすことが可能

部分矯正など1本だけ歯を動かしたい場合にも、インプラント矯正は効果的です。従来は1本の歯を動かすような場合、それ以外の多くの歯に矯正装置を装着する必要がありました。しかしインプラント矯正では、動かしたい歯だけに矯正装置を付ければ済むため、違和感や負担が少なく治療できます。

06 前歯だけを選択的に後ろに下げることが可能

従来の矯正治療では、前歯を後ろに下げる時に、抜歯して得られたスペースに対して奥歯と前歯を引っ張り合わせることで前歯を下げていました。しかし前歯を後ろに下げる作用に対して、奥歯が少しは手前にずれてしまうと言う反作用が生じてしまいます。

インプラント矯正を用いることで、奥歯への反作用を生じることなく、前歯だけを選択的に抜歯スペースに対してしっかりと下げることが可能となりました。矯正の治療結果の質を向上させるとても画期的な方法と言えます。

07 咬合平面の傾きを改善することが可能

通常のワイヤーの矯正治療では、咬合平面の傾斜を改善することは不可能とされてきました。しかしインプラント矯正を用いれば、比較的に容易に改善が可能です。美しいスマイルラインを得る上でも重要な使用方法と言えます。

施術の流れ

画像:施術の流れ

スクリューは、直径1.4〜2mm、長さ6〜10mm程度で、生体親和性の高い純チタンの微小なネジです。施術は非常に簡単で、いわゆる木ネジと同じ要領でドライバーで入れます。出血・痛み・腫れもほとんどなく、実際の処置時間は1本あたり3〜5分程度で、当院内で行います。

レントゲン・口腔内診査からスクリューの埋入部位・埋入方向を検討します。

切開は行わず、消毒と少量の部分麻酔を行い、スクリューをドライバーで入れていきます。(抵抗が強く、スクリュー破折の危険性がある場合は、ドリルで誘導孔を形成する場合もあります。)

しっかりと植立されたことを確認し、消毒します。すぐに矯正力をかける場合もありますし、ある程度の治癒期間を設けてから矯正力をかける場合もあります。

抗生物質・鎮痛剤の処方を行い、清掃などの指導を行います。

スクリューは必要がなくなれば取り除きます。ほとんどの場合、麻酔は不要です。1分程度で撤去は終わります。

傷跡は2〜3日で完治し、一切残りません。

注意点

01 お口の中の衛生管理

特に日常生活における制限はありません。異物感もすぐに慣れてきます。しかし、スクリュー埋入部位を不衛生にすると、感染により歯茎の腫れ等がおこる場合があります。日頃よりお口の中の衛生管理に気をつける必要があります。施術時にスクリュー周囲のブラッシングや清掃についてお話しいたします。

02 年齢について

通常、骨がしっかりする12歳以降が適しています。性差や個人差もあります。また、高齢の方の場合には、年齢の増加に伴って骨の密度が薄くなることにより、スクリューの骨埴状況が悪くなる場合もあります。そのような場合には、また再度、より骨埴状況の良い部位を探し再埋入を行います。

03 喫煙について

喫煙は、傷の治癒や歯肉炎・歯周病のリスクファクターです。スクリューの脱落率とも関連があると言われ、可能であれば、禁煙されることをお勧めいたします。

04 全身的な病気のある場合について

全身的に重い病気のある場合、出血性の病気、口腔内乾燥症、免疫不全、白血球機能不全、骨に関する病気のある場合、糖尿病、ステロイドの投与を行っている場合、高血圧、妊娠中などの場合は、まずは当院までご相談ください。

05 スクリューの再埋入の可能性

十分に注意をしていても、骨の状態や、感染等によりスクリューが緩んだり、外れることがあります。その場合には再度埋入する必要があります。(自然脱落の場合には、再度費用はかかりません。)ただし最近では埋入機材の進歩により、脱落してしまう割合は格段に減少しています。

また、治療が進み歯が動いてくると、スクリューが歯の移動の邪魔になってくる場合があります。このような時には、再度スクリューを別の場所に埋入し直します。

45〜60分 | 2,000円 税別 | ご予約制
電話予約 03-6447-0455

ご予約