歯並び・かみ合わせ・お顔の症状

 

その方の症状やご希望に応じた矯正治療法があります。

こちらでは、矯正歯科治療が必要な歯並びや、お顔の症状、その特徴についてご説明します。

一般的に、どのような歯並びであっても、それぞれの症状に対する改善策は存在します。どのような症状であっても矯正歯科治療を諦める必要はありません。ご自身の症状や治療法について知りたい、または、お悩み・ご心配・ご質問などございましたら、一度初診相談までお越しください。実際にお口の中を拝見した上でご相談にお応えいたします。

主な症状|一覧

でこぼこ・八重歯

でこぼこ・叢生・乱杭歯

でこぼこの原因は、一つ一つの歯の大きさの合計に対して、あご骨(=歯を並べる土台)が小さく、歯がキレイに並ぶためのスペースが足りないことです。

例えば、10人に対して10人掛けの長椅子ならキレイに座れますが、椅子が8人掛けだった場合、どうしてもどこかに歪みが生じガタガタしてキレイに座れません。

またさらに細かく考えると「一つ一つの歯が大きい場合」「あご骨が小さい場合」「歯列のアーチの幅が狭い場合」「奥歯が後ろから押して前歯がでこぼこしている場合」などが考えられます。

八重歯

八重歯とは、前から数えて3番目の犬歯が、外側に飛び出して特に目立っている状態です。乳歯から永久歯へ生えかわる際に、犬歯の生えかわる時期が比較的遅く、また歯がキレイに並ぶためのスペースが足りない場合、八重歯になりやすいです。根本的な原因はでこぼこの場合と同じです。

前歯が閉じない・開咬

噛んだ時に、奥歯は当たっているのに、前歯は垂直的に開いてしまっている、前歯で食物が噛み切れない、といった状態です。(別名:オープンバイト)

原因は、もともと開咬(かいこう)になりやすい骨格である場合や、舌やお口まわりの筋肉の使い方に悪い癖がある場合が考えられます。

前歯は本来、食物を噛み切ったり、食事や会話の時にうまく上下の前歯が接触することであごの動きを正したり、歯への負担を軽減させています。

この前歯が全く働いていない状態であり、徐々に奥歯への負担が蓄積され、奥歯の健康状態から悪くなっていくことが多く見られます。見た目の重症度以上に、歯への健康に対する問題が考えられ、矯正治療の必要性の高い状態です。

かみ合わせが深い・過蓋咬合

上下の前歯の重なり合いが深く、下の歯が見えない状態です。(別名:ディープバイト)

食事や会話の際に、下あごの動きを抑えてしまい、歯やあごに負担がかかりやすい状態です。特に、かみ込んだ際に、下の前歯で上の前歯を慢性的に突き上げてしまっていると、上の前歯の根っこ(歯根)を障害して歯根吸収などの問題を生じる可能性があります。

かみ合わせの深さと、噛む力の強さには関連があり、エラの張ったお顔立ちの方はかみ合わせが深くなりやすい傾向にあります。つまり原因は、骨格的な原因と、歯並びのズレの原因と両方が考えられます。上顎前突で、特に下の前歯にでこぼこが多く、噛む力の強い人は過蓋咬合となりやすいタイプと言えます。

すきっ歯・歯の隙間が空いている・空隙歯列

歯と歯の間に隙間が生じている状態です。特に上の前歯の間に隙間が開いている状態を正中離開といい、笑ったときに隙間が目立ってしまいやすい症状です。

原因は、あご骨に対して歯の大きさが小ぶりで、歯が並ぶスペースが余っている場合や、舌が歯を前に押し出す力が強い場合、また正中離開には、上唇小帯と呼ばれる上唇のスジが過度に発達している場合、などが考えられます。

出っ歯・上顎前突

上の前歯の角度や位置が前方に飛び出している状態です。口を閉じたときに下唇が上の前歯と下の前歯の間に入ってしまい、口を閉じているのにうっすらと上の前歯が見えてしまうこともあります。

上下の唇をうまく閉じることができなくなり、唇の筋力自体も低下して、普段から少し口が開いたようなお顔立ちになってしまうこともあります。

また、転んだときに前歯をぶつけやすいなど、大切な前歯を傷つけてしまいやすい状態です。

上顎前突の原因は、骨格的に上あごと下あごに前後のズレがある場合や、上の歯が前にせり出していたり、下の歯が後ろに引っ込んでいることで、上下の前歯に前後差が生じていることなどが考えられます。

受け口・反対咬合・下顎前突

下の前歯が上の前歯より前に出てしまっている状態です。会話や食事の際に、正しいあごの動きができにくく、滑舌が悪くなったり、食事の際に少しクチャクチャと音を立てながら食べてしまいやすくなります。

また上下の歯の接触状況も悪く、前歯や奥歯に負担がかかりやすく、歯の健康の上でも良い状況とは言えません。

下顎前突の原因は、骨格的に上あごと下あごに前後のズレがある場合や、下の歯が前にせり出していたり、上の歯が後ろに引っ込んでいることで、反対咬合が生じていることなどが考えられます。

口元・歯が出ている・両顎前突

歯茎の骨ごと上下の前歯が前に出ている場合、上下の唇も前に押し出されて、突出したような口元となります。あご骨の大きさに対して、歯がキレイに収まりきらず、前方に飛び出ている状態です。

このような場合、上下の前歯を歯茎の骨ごと後ろに引っ込めるように治すことで、口元の突出を改善します。横顔のバランスや唇の厚み、唇の閉じやすさ、お口を閉じたときの口の元の緊張感の解消、など多くの問題が改善します。

両顎前突の原因は、でこぼこと同じで、一つ一つの歯の大きさの合計に対して、あご骨(=歯を並べる土台)が小さく、歯がキレイに並ぶためのスペースが足りないことです。でこぼこになる代わりに、歯列が前に突き出して、少しでも多くの歯を並べるために距離を稼いでいる状態です。

交叉咬合

交叉咬合(こうさこうごう)とは、前歯のでこぼこにより、部分的に上の歯より下の歯が前に出て、かみ合わせが反対になってしまっている状態です。交叉咬合が生じると、咬合干渉や咬合性外傷などの歯への無理な負荷を生じることがあり、歯根吸収や歯肉退縮などの深刻な症状へとつながる場合もあります。機能的にも治療による改善が望まれる症状の一つです。

切端咬合・外傷性咬合

切端咬合(せったんこうごう)とは、上の前歯が下の前歯に重なることなく、上下の前歯の先端が合わさっている状態です。上下の前歯の根に強い力がかかりやすかったり、歯ぎしりを生じやすくなると言えます。

極端に力が前歯の根にかかると、歯根吸収や歯肉退縮などの深刻な症状につながる場合があります。このような症状を引き起こすかみ合わせの状態を、外傷性咬合と呼びます。健康面、機能面の観点からも矯正治療による改善が望まれる症状の一つです。

笑うと歯茎が見えすぎる・ガミースマイル

笑顔の際に、極端に歯茎が見えてしまう症状をガミースマイルと呼びます。原因としては、上唇が短い、上唇に対して上あごが垂直的に長い、上の歯茎が突出している、などが挙げられます。矯正治療による歯の移動で軽減を図ることができる場合と、外科手術を併用した治療を行う場合があります。

上の歯と歯茎の境目のラインと、上唇の下のラインが丁度同じくらいに通るのが美しいスマイルラインと考えられています。

あごの曲がり・歯の正中線のズレ

正面からお顔を見たときに、あごが横に曲がっている・お顔が曲がっている・唇の形や高さが左右で異なる・左右の口角の高さが異なる・かんだ時に左右のいずれかの歯だけ反対咬合や交叉咬合となっている、などの症状が見られます。

原因のほとんどは、遺伝的な問題と言ってよいでしょう。たとえば下あごが右に曲がっている人は、左側のあごの過成長が疑われます。しかし、極端に左右非対称な生活習慣や癖を幼少期から続けているような場合には、後天的にあごの曲がりを起こす場合もあります。

横顔タイプ別の特徴

人は骨格の違いによって、噛む力の強い方と弱い方がおり、その影響で歯並びも変わります。全ての人のかみ合わせは、この図の9つの中のいずれかに分類されます。まずは、その症状の原因や特徴をよく理解して、最適な治療方針を立てることが大切です。

タイプA〜C|長いお顔(かみ合わせが浅い傾向)

比較的噛む力が弱く、あごが細く、開咬やガミースマイルといった症状になりやすい。

面長(ロングフェイス)で、噛む力が弱く、垂直的には開咬になりやすいタイプ。前後的には出っ歯で、成長の過程で下あごの後下方への成長がみられる。異常嚥下癖などの舌の悪習癖がみられることが多い。

面長(ロングフェイス)で、噛む力が弱く、垂直的には開咬になりやすいタイプ。前後的には問題ない。異常嚥下癖などの舌の悪習癖がみられることが多い。

面長(ロングフェイス)で、噛む力が弱く、垂直的には開咬になりやすいタイプ。前後的には受け口で、成長の過程で下あごの過成長がみられる。低位舌や異常嚥下癖などの悪習癖がみられることが多い。

タイプD〜F|標準的長さのお顔

垂直的なお顔の長さは標準的だが、前後的には出っ歯。噛む力は標準的で、垂直的な前歯の重なり(深さ)も標準的なことが多い。

垂直的なお顔の長さは標準的で、前後的にも骨格的には問題がない。でこぼこや口元の突出などの問題が目立つことがある。噛む力は標準的で、垂直的な前歯の重なり(深さ)も標準的なことが多い。

垂直的なお顔の長さは標準的だが、前後的には受け口。噛む力は標準的で、垂直的な前歯の重なり(深さ)も標準的なことが多い。

タイプG〜I|短いお顔(かみ合わせが深い傾向)

比較的噛む力が強く、エラが張っていて、過蓋咬合(深いかみ合わせ)や、笑ったときに歯が見えにくいといった症状になりやすい。

垂直的には短頭系(ショートフェイス)で、噛む力が強く、過蓋咬合を呈しやすい。前後的には出っ歯で、下の歯が見えづらく、くいしばりや歯ぎしり、歯の擦り減りなどが起こりやすい。

垂直的には短頭系(ショートフェイス)で、噛む力が強く、過蓋咬合を呈しやすい。前後的には標準的だが、下の歯が見えづらく、くいしばりや歯ぎしり、歯の擦り減りなどが起こりやすい。咬合性外傷による前歯の短根などが生じる場合もある。

垂直的には短頭系(ショートフェイス)で、噛む力が強く、過蓋咬合を呈しやすい。前後的には受け口で、上の歯が見えづらく、くいしばりや歯ぎしり、歯の擦り減りなどが起こりやすい。

45〜60分 | 3,000円 税別 | ご予約制
電話予約 03-6447-0455

ご予約