抜歯した歯の移植

 

歯を失った箇所に、親知らずや、矯正治療のために抜歯した歯を移植する治療法があります。

矯正歯科治療では、でこぼこや口元の突出の程度が大きく、あごの骨に歯が収まりきらない場合、小臼歯などの抜歯が必要となる場合があります。親知らずや、矯正治療のために抜歯する歯を、過去に歯を失った部位に移植し、かみ合わせを回復する技術を自家歯牙移植と呼びます。

虫歯や外傷などで歯を失ってしまった場合に、ブリッジやインプラントなど人工物による補綴処置を考える前に、検討する意義のある治療法です。当院には口腔外科の専門医も勤務しており、各分野の専門医が密に連携することで、幅広い選択肢と、良質な歯科医療を提供いたします。

メリット

01
インプラントや差し歯ではなく、自分の歯を使って歯を失った部分のかみ合わせを回復することができる
02
ブリッジなどのように、周囲の歯を削る必要がない
03
インプラントと違い、食物の固さを感じることができる(移植した歯の根には、歯根膜という感覚受容器が存在するため)
04
インプラントと違い、移植歯には「歯根膜」というクッションがあるため、周囲の歯に対して生理的に調和し、為害作用が生じない
05
移植が成功し安定すれば、インプラントなどでは欠かせない長期的で特殊なメンテナンスが必要ない
06
親知らずを同日中に移植する場合には、健康保険の適用が認められている(親知らず以外の歯を移植する場合は私費診療)

歯の移植が成功する条件

画像:歯の移植が成功する条件
01
移植する歯自体が健康で、歯周病などが見られないこと
02
移植する歯に十分な歯根膜が存在すること
03
歯根膜をあまり傷つけずに、移植する歯を抜歯できる状態にあること
04
移植歯を植える部位の骨や健康状態が良好であること
05
移植した歯の神経の治療がうまくいくこと

当院の治療例(治療の流れ)

画像:治療前

01 治療前

移植が必要となった理由:もともと、下あごの大臼歯に欠損があり本数が足りない。その一方で、矯正治療に際して、反対側の歯を抜く必要性があった。その状況では、抜いた歯を移植することが最善であったため。

画像:歯の移植術(30〜60分程度)

02 歯の移植術(30〜60分程度)

「移植する歯の歯根膜をいかに傷つけないで抜歯できるか」が成功の鍵です。さらに、移植する部位への移植歯の位置づけも重要です。移植した歯の歯根が、新たに植えられた部位の骨に全て覆われる必要があります。

画像:移植歯の根の神経治療(移植後3〜4週間後)

03 移植歯の根の神経治療(移植後3〜4週間後)

一般的に、移植した歯の神経は死んでしまいます。それを放置すると感染を起こし、歯根周囲に膿を作ってしまうため、移植歯の脱落につながります。そのため歯の移植後には、歯の中の神経が感染を起こす前に、神経の治療を行う必要があります。

若い人で歯根が形成途中の歯を移植した場合には、歯の神経が生きたまま繋がることがあり、このような場合には歯の神経治療は不要となります。

画像:移植歯の矯正治療

04 移植歯の矯正治療

移植後3〜4週間程度固定した後は、矯正装置を使用して歯に弱い力を加えていきます。それによって移植した歯がより安定して周囲の骨と結合すると言われており、歯の移植の成功率が上がります。

移植した歯が安定した状態で骨に結合してからは、移植歯を周囲のかみ合わせと馴染ませ、より良い位置に移動するために、他の歯と同様に矯正治療を行います。

移植の成功・失敗と、行う意義

画像:移植の成功・失敗

移植の成功・失敗

何らかの事情により、移植がうまくいかなかった場合には、移植歯の歯根膜が死んでしまい、骨の中で安定せず、将来的には抜けてしまいます。また、移植した歯の根が徐々に外部吸収されてしまい、将来的に抜けてしまうこともあります。移植の成功・失敗の定義は難しく、安定しているように見えても、数年経ってから問題が生じてくる場合もあります。

ただし、インプラントやブリッジなどの治療においても、一生持つものは存在しません。移植した歯が長期的に安定し使用できることが理想ですが、5〜10年もしくはそれ以上の期間、ご自分の歯を利用して歯を失った部位のかみ合わせの回復ができるということだけでも十分な成功と言えます。

移植を行う意義

少しでも長い年月の間、ご自分の移植歯を使い、どうしても移植歯が持たなくなった時に、ブリッジやインプラントなどの補綴処置を考えることができます。移植は必ずうまくいくものとは言えません。しかし、せっかく矯正治療などで歯を抜く必要性がある場合には、試す価値のある有効な方法です。

45〜60分 | 2,000円 税別 | ご予約制
電話予約 03-6447-0455

ご予約