セカンドオピニオン

 

ご自身の症状を正しく知り、より良い治療法を選択するために。

当院では、矯正歯科治療に関するセカンドオピニオンを提供しております。良質な矯正歯科治療が、できるだけ多くの方に普及すること。それが私たちの願いです。

ご希望の方は、お電話またはご予約フォームから、セカンドオピニオン希望であることをお伝えください。しっかりと時間を確保して対応させていただきます。

セカンドオピニオンとは

画像:セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、現状の診断結果・治療方針・治療内容・治療結果に対して、別の医師の意見を求めることをいいます。現在の主治医からの資料を元に、当院の治療に対する客観的な意見や考え方をお伝えいたします。

主治医からの資料提供が難しい場合

通常は、他院にてセカンドオピニオンを希望される場合、現在の主治医にその旨を伝え、初診や治療経過などの資料を提供していただくことになります。

しかし現実的にはなかなか伝えづらい場合もあると思います。その場合は(初診からの治療経過に対する意見をご希望ということでなければ)必ず資料が必要というわけではありません。

現在のお口の中の状況やお困りのこと、今までの経過や問題点、ご心配なことなどをお伺いした上で、当院からの意見をお伝えいたします。

セカンドオピニオンの主な内容

治療開始前のケース

「矯正相談・検査・診断・治療方針の説明などを受けたが、他の歯科医師にも意見を聞いてみたい」といった場合の例です。

  • 矯正治療の開始時期はいつが最適?
  • 現在の治療方針は本当に最適?
  • 他の方法は?
  • 抜歯に関して他の意見を聞きたい
  • 裏側矯正では治らないと言われたけれど本当?
  • もっと他の矯正装置や治療法は選べないの?
  • 治療期間をもっと短くする方法はないの?
  • 治療費は適正? 本当に矯正治療が必要な状態なの?
  • 親知らずは抜かなくてはいけないの?

治療中のケース

「現在受けている矯正治療の経過や内容/現在の歯並びやかみ合わせの状況/医院や歯科医師の対応や信頼関係/説明内容/通院状況/通院環境など、不安・心配・疑問がある」といった場合の例です。

  • 歯並び・かみ合わせが良くならない
  • 歯並びは良くなってきたが、かみ合わせや口元の見た目などが改善されない
  • 治療の疑問や質問など、先生とコミュニケーションがとれずに不安
  • 治療がなかなか終わらない
  • 治療がなかなか進まない

治療後のケース

「矯正治療の結果に疑問がある/満足していない/問題がある」といった場合の例です。

  • 矯正治療を受けたが、ガタガタになってきたり、前歯が出てきたり、歯並びがまた悪くなってきた
  • 矯正治療を受けたが、どこで噛めばよいかわからず、かみ合わせが安定しない
  • 矯正治療を受けたが、出っ歯が治っていない
  • 矯正治療を受けたが、前歯で物が噛み切れない
  • 矯正治療を受けたが、口元が出ている

セカンドオピニオンを受ける前に

セカンドオピニオンを受ける前に、まず現在の主治医と今一度しっかりとコミュニケーションをとって、お悩み・心配・不安について相談や質問をしてみましょう。それは何も失礼なことではありません。それによって不要なセカンドオピニオンを受けずに済む場合もあります。

それでも問題が解決しない場合には、積極的にセカンドオピニオンを受けられることをお勧めいたします。

矯正治療を受ける上で大切なことは、 長い治療期間を通して、強い信頼関係のもと、安心できる治療が受けられて、納得のいく、健康で機能的な美しい歯並びを得ることなのです。

45〜60分 | 3,000円 税別 | ご予約制
電話予約 03-6447-0455

ご予約