「歯が動く」矯正のしくみ

 

矯正歯科治療では、体の生理的な反応を利用して、有機的に歯並びを整えていきます。

矯正の最も一般的な治療法では、歯に少しずつ力を加えて動かしていくために、歯に「ブラケット」という装置を付け、そこに正しい歯列の形をした「ワイヤー」を通します。

ワイヤーが元の形に戻ろうとする力を利用したり、ワイヤーのしなりを利用してワイヤーをブラケットと結び合せることで歯をワイヤーに引き寄せるようにして、歯に力を加えます。ワイヤーの形・素材・太さなどを、歯の動きに合わせて月に1度調整しながら、少しずつ歯を動かして歯を理想の位置に近づけていきます。

歯が動く過程

画像:歯が動く過程 01

歯の周りには、歯を支えるための骨があります。骨と歯根(歯の根っこの部分)の間には歯根膜(しこんまく)という弾力のある薄い膜があります。

歯根膜は、食事をして噛む力がかかる時などに、歯にかかる衝撃をやわらげる「クッション」のような役割を持っています。この歯根膜は矯正で歯が動く時にも重要な働きをします。

画像:歯が動く過程 02

矯正装置を取り付けて歯に力がかかり始めると、その力が歯根膜に伝わります。歯が動く方向側の歯根膜は縮み、反対側は引っ張られて歯根膜が引き伸ばされます。

画像:歯が動く過程 03

歯根膜には、一定の厚さを保とうする性質があります。歯根膜の厚さに変化が生じると、歯根膜に接した骨に変化が起こります。

縮んだ歯根膜は元の厚さに伸びようとして、「骨を溶かす細胞」の働きが活発になります。一方、歯根膜が伸びた方は元の厚さに縮もうとして、「骨を作る細胞」を作ります。

画像:歯が動く過程 04

「骨を溶かす細胞」と「骨を作る細胞」の働きで、歯根膜が元の厚さに戻ります。このしくみが繰り返されることで、歯が動いていきます。

歯の周りに限らず、全身の骨は溶けたり、新しく作られたりを繰り返しています。骨が作られたり、溶けたりする身体の性質をうまく利用することで、歯を動かすことができます。

画像:歯が動く過程 05

このように、矯正装置によって弱い力をかけては、骨ができるのを待つ、ということを繰り返していきます。歯や歯の周囲の骨に負担をかけずにスムーズに歯を動かすためには、3〜5週間に1度のペースで来院していただくのが理想とされています。また、1ヵ月に歯を動かせる限界は0.5mm〜1mm程度と言われています。

矯正治療で行う主な歯の動かし方

画像:水平移動させる

水平移動させる

歯根を平行に移動させます。歯並びは、最終的に全ての歯が平行にキレイに並ぶことが理想です。歯根を平行に動かすためには、歯冠に正確でしっかりとした力をかけることが必要となります。

画像:傾斜移動させる

傾斜移動させる

歯冠に力をかけると、歯は基本的に根の先端付近を支点として回転するように動きます。症状に応じて、01の水平移動とこの傾斜移動をうまく組み合わせて理想的な歯並びへと動かしていきます。

画像:回転させる

回転させる

ねじれている歯を、正しい歯並びとかみ合わせになるよう回転させます。歯を回転する際には中心となる支点があり、その支点に対してうまく回転力をかけることが必要です。

画像:引っ込める

引っ込める

伸び出している歯を、骨の中に沈み込ませるように引っ込める動かし方です。歯を沈み込ませる動かし方は他の動かし方に比べて難しいとされます。上手に歯を沈み込ませるためには、それなりの工夫と技術が必要となります。

画像:引っ張り出す

引っ張り出す

歯根を引っ張り出すように伸び出させる動かし方です。特に歯周病などで周囲の骨の高さが下がっているような場合に、骨の高さの増生を図るために行う場合もあります。比較的に動かしやすい移動の方向です。

45〜60分 | 2,000円 税別 | ご予約制
電話予約 03-6447-0455

ご予約