顎変形症治療(外科的矯正治療)

 

顎変形症治療=矯正治療+外科手術による骨格の改善(骨格的なズレが大きい場合)

歯のズレだけではなく骨格のズレが大きい場合に、矯正歯科治療に加えて土台の骨ごと動かす手術を併用して、かみ合わせを改善する治療です。矯正治療における歯の移動にはある程度の限界が存在します。かみ合わせのズレがその限界を超え、矯正治療だけでは改善が困難な場合には、外科的な手術を併用して治療を行います。正しくは「外科的矯正治療」(連携医療機関での外科手術と当院での歯列矯正を併用した治療)と呼ばれますが「外科矯正」や「顎変形症治療」と呼ばれる場合もあります。

当院は顎口腔機能診断施設です

当院は、顎口腔機能診断施設としての施設基準を満たしており、健康保険を適用した外科的矯正治療が可能です。数多くの顎変形症に対する外科的矯正治療の経験と実績をもとに、ご安心いただける質の高い治療を提供しています。

下あごが前に突出していて受け口になっている場合、逆に下あごが小さく出っ歯が目立つ場合、あごが曲がっていて左右非対称となっている場合など、矯正歯科治療だけでは改善できない、骨格的なズレによってかみ合わせのズレが生じている場合に、顎変形症治療として手術を併用した治療を行います。

外科的矯正治療のメリット

01
「下あごが出ている」「下あごが大きい」「下あごが長い」「あごがずれている」「あごが曲がっている」「下あごが小さい、あごがない」といった、骨格からくる審美的なお顔立ちの不調和を改善します。
02
骨格の不正からくるお顔のコンプレックスを解消することで、より良い心理的状態が得られるようになります。
03
大きくずれたかみ合わせを治すことで、物がうまく噛めるようになり、発音や滑舌も改善します。
04
通常の矯正治療では、歯を無理に傾斜させないと治療できない症状があります。その場合は外科的矯正治療をすることで、無理な歯の移動を避けることができ、歯への負担が少なく、歯の寿命が長くなります。

外科的矯正治療と通常の矯正治療との結果の違い

お口元だけではなく、お顔立ちやお顔のバランスが変化します。

画像:矯正治療のみによる改善

矯正治療のみによる改善

骨格のバランスは変わりません。傾斜している歯の角度をさらに傾斜させて(受け口の場合には上の歯はより外側に、下の歯はより内側に)かみ合わせのみを改善します。そのため、お顔立ちの大きな変化は期待できません。

画像:外科的矯正治療による改善

外科的矯正治療による改善

骨格的に前に出た下あごを手術で根本的に改善するため、お顔立ちの改善が期待できます。矯正治療のみの場合と比べ、歯への負担が少なく、歯が無理なく並べられます。

外科的矯正治療が必要な症状

骨格性不正咬合(骨格の問題が大きい不正咬合)に対して、外科的矯正治療が適用されます。

画像:下顎前突症

01 下顎前突症

下あごが大きい、長い、など。下あごが前に出ているため、前歯のかみ合わせが反対になり、受け口になっている症状。上の前歯は出っ歯のように傾き、逆に下の前歯が内側に傾いている場合がある。

画像:上顎後退症

02 上顎後退症

上あごが引っ込んでいる、三日月のように顔がへこんでいる、怒った表情に見える、など。下あごの大きさは普通だが、上あごが小さく引っ込んでいるため、反対咬合や受け口になっている症状。上の歯はでこぼこや八重歯が多い。

画像:下顎前突症

03 上顎前突症

出っ歯、上唇が出ている、など。上あごや上の前歯が出ていることが原因の症状。口元が出ていることが多い。

画像:下顎後退症

04 下顎後退症

下あごが小さい、丸い、あごがない、など。下あごが下がっていることで出っ歯になっている症状。下の歯にでこぼこが多い。上の歯を下げることで、相対的に下あごの存在感が出るような治療方針が望まれる。

画像:ガミースマイル

05 ガミースマイル

笑うと歯茎が見える。上唇の垂直的な長さに対して、上あごの垂直的な高さが大きく、歯茎がたくさん見えて目立つ症状。上の歯を内側と上方へ移動する、または上あご自体を外科的手術で上方へ持ち上げる、などで改善をはかる。

画像:下顎側方偏位

06 下顎側方偏位

お顔が左右のどちらかに曲がっている症状。口角が曲がっている、咬合平面が曲がっている、上下の歯の正中がずれている、左右いずれかのかみ合わせだけが反対になっている、など。下あごだけがずれている場合と、上あごと下あごの両方がずれている場合がある。

外科的矯正治療の流れ

通常の矯正歯科治療に加えて、あごの手術が加わります。ただし、最初から手術を行うわけではなく、手術前に準備のための術前矯正治療を行います。その後、手術をして、仕上げのための術後矯正治療を行います。

01 初診相談

患者さんの状態を診させていただき、現在の問題点、考えられる治療法や手術などについての概要をご説明します。

02 検査|約60分×2回

1回目の検査では、問診・視診に加えて、レントゲン・歯型・写真など必要な資料をとります。2回目の検査では、あごの運動検査やあごの筋肉(咀嚼筋)の筋電図をとります。

03 診断|約60分

症状とご要望に応じたいくつかの治療方針をご説明いたします。この段階で、外科的矯正治療を適用するか患者さんと相談します。保護者やご説明をお聞きになりたいご家族の方にも同伴していただきます。

04 口腔外科受診

手術を依頼する口腔外科を受診していただきます(当院で資料や紹介状を準備してご紹介いたします)。当院で提示した治療方針・手術術式などを口腔外科医に確認していただき、詳しい手術の説明も行ってもらいます。また必要に応じてCTなどの検査や親知らずなどの抜歯も行っていただきます。

05 術前矯正治療|月1回30〜60分×1〜2年程度

手術の前に矯正治療により歯を移動させ、上下あごそれぞれの歯並びを整え、手術をした時に上と下の歯が安定して咬む状態にします。術前矯正治療は通常1年以上を要します。術前矯正治療では手術後の良好なかみ合わせを目指すため、手術前の時点ではかみ合わせが悪くなり、咬みにくくなります。

06 手術日程決定

術前矯正治療の目処が立ってきた段階で、口腔外科を再度受診していただきます。施設によって多少異なりますが、術前検査(心電図、血液検査、尿検査、胸部レントゲンetc.)、自己血貯血(術中の出血に備えて自分の血を採って貯めておくこと)などの処置を行い、数回通院して頂きます。一般的に術前矯正治療が終了した時点で顎矯正手術が行われます。手術は体の成長、顎の伸びが止まる時期以降に可能になるため、個人差がありますが、概ね男性では17〜19歳、女性では16〜18歳以降となります。

07 入院・手術

手術の数日前より入院し、手術を行います。術後の入院期間は早い人で5日程度、通常1〜2週間となります。(術式や患者様個人の回復状態により異なります。また、施設によっても異なります。)当院では、以下の病院が手術を依頼する連携医療機関です。(2017年現在)
・東京医科歯科大学歯学部附属病院 口腔外科外来
・横浜市立大学附属 市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科
・東京大学 医学部附属病院 歯科・口腔外科
・国立国際医療研究センター 戸山病院 歯科・口腔外科

08 術後矯正|月1回30〜60分×1〜1.5年程度

手術が終わったあと、手術後の顎の位置の変化に合わせて、上下の歯を緊密に咬み合わせるための術後矯正治療を行います。術後矯正治療の期間は通常1年から1年半程度必要となります。手術で移動させたあごの骨は筋肉などに引っ張られて多少なりとも後戻りを生じます。後戻りを防ぎながらかみ合わせを落ち着かせるために、上下のワイヤーにゴムをかけてもらいます。また、手術で合わせきれなかったかみ合わせの微修正を行うことも術後矯正治療の目的です。

09 保定|2〜6ヵ月に1回20〜30分×2〜3年程度

かみ合わせがしっかりと出来上がり、あごの骨の後戻りも見られなくなったら、矯正装置を外して、取り外しのできる保定装置を使用して術後経過を観察します。装置の使用期間は年齢、治療の経過・内容によっても異なります。

10 (希望により)プレート除去術

手術であごの骨を止める時に用いたチタン製のプレートやスクリューを取る手術を行います。術後1年以降であごの骨の戻りが落ち着いた時期に行います。最初の手術と異なり、骨を削ったりするわけではありませんので、患者様の負担も入院期間も少ないものとなります。この手術は必ずしも全員の方が行うものではなく、除去を希望される方のみ行うものです。

術前矯正治療の必要性

受け口など骨格的な問題がある場合は、体の自然な反応として、できるだけ反対咬合の程度が少なくなるように、上の前歯は外側に傾斜し、下の前歯は内側に傾斜します。これを専門的には歯性補償(デンタルコンペンゼーション)と呼んでいます。

前歯が歯性補償したまま、手術を行っても下あごを後ろに動かす量が少なくなり、顔つきの改善が期待できません。傾斜した前歯を適正な角度に改善することで、下あごを下げる量が増やすことができ、上下のあごのバランスを整えることができます。術前矯正治療が必要なのはそのためです。また、下顎前突症の術前矯正で歯の位置を整えるために小臼歯を抜歯する場合もあります。
矯正治療単独で改善する場合と歯を動かす方向が逆になりますので、治療を開始する前に手術をするか否かを決定する必要があります。

術前矯正の目的は、術後の咬み合わせの安定化(外科手術で骨のずれを治すと、咬む位置が変わりうまく咬めません。咬み合わせが安定していないと、手術で移動した骨がずれる場合があります。そこで手術後の咬み合わせを安定させるため、手術前に歯列矯正を行います。)と、手術設計の明確化(術前矯正が終わったら、上下の歯のずれと顎の移動量を計算し、術後の顔のバランスを考慮して手術計画を立てます。この計画をもとに手術に必要な準備を行います。)をはかることです。

通常の外科矯正では、術前矯正を省いて手術を行うことはできません。
その後、外科手術で見た目や骨格のずれを治した後、術後矯正として1年前後、骨の安定化を図り、咬み合わせの最終仕上げを行ないます。

手術法の解説

下顎骨切り術

上顎骨切り術

おとがい骨切り術

上顎分節骨切り術

下顎分節骨切り術

コルチコトミー(歯の動きを早くする方法)

外科的矯正治療における保険適用の条件

下記条件を満たしている場合に、保険での矯正治療と保険での外科手術が可能です。なお矯正治療のみを私費、外科手術のみを保険で行うことは、制度上認められていません。

01
顎変形症など指定症状(病名)があること。
例:上顎前突症・下顎前突症・顎骨非対称症・開咬症 など
02
「通常の表側の矯正装置」で治療すること。マウスピース矯正や裏側矯正で治療する場合は、手術も含めて全て私費治療になります。
03
厚生労働省指定の顎口腔機能診断施設で矯正歯科治療を受け、連携医療機関である指定の口腔外科病院で手術を行うこと。
04
術前矯正(手術前の矯正治療)を6ヵ月以上行うこと。

保定期間中の注意点

顎変形症の治療では健康保険が適用されます。ただし、すべての矯正歯科で可能というわけではなく、顎口腔機能診断施設(一定の施設基準が必要となります)でのみ保険診療による治療が可能です。初診相談時に「明らかに手術をしないと治らない」と考えられる場合に限り、最初から保険適用となります。しかしながら、多くの場合は本人の意思も含めて、 はっきりしていませんので、検査までは私費となります。治療方針を本人とよく相談して、外科的矯正治療を適用することが決定した時点で、「顎変形症」という病名をつけて、健康保険が適用されるようになります。

症例によってかなりの幅がありますが、矯正治療の費用は3割負担の場合、自己負担額平均30〜40万円前後です。最初に総額を提示できる自由診療とは違って、通院ごとの処置内容によって毎回の治療費が異なり、総額も異なります。矯正治療の窓口支払額は、毎回4,000〜7,000円程度のことが多いのですが、精密検査や新たに装置を装着するとき、手術直前の準備を行うときなどは約1〜3万円かかる場合もあります。

入院手術の費用に関しては、術式や入院期間によって異なりますが、3割負担の場合、自己負担額は、下あごのみの手術では25万円前後、上下のあごの手術では30〜35万円前後です。しかし高額療養費制度を利用すれば、所得に応じた一定の自己負担額を超える手術にかかった治療費が返還されます。この制度を利用するためには、以下のような条件を満たす必要があります。

  • 同一病院で支払った1ヶ月の医療費が80,100円を超えること。
  • 国民健康保険または社会保険に加入していること。
  • 本人が申請を行うこと。

取り扱い方法

医療費の自己負担額が高額になる場合、限度額を超えた金額が払い戻される制度です。限度額は年齢や所得によって異なります。同一月内(その月の1日〜31日まで)で、同一の医療機関でかかった医療費が、一定の自己負担限度額(3.5万円〜16万円で年収によって異なる)を超えた分について支給されます。なお入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

ご自身が加入されている保険の種類によって問い合わせ申請先が異なります。原則的に、患者さんからの申請で支給されますが、申請書を提出しなくても自動的に支給される制度をとっている保険組合や市町村(国民健康保険)もあるので、詳しくはご確認ください。

外科矯正の入院手術に際しては、当月の治療費が高額になるので、通常は14万円〜40万円程度の還付が見込まれます。詳しくは厚生労働省ホームページ(高額療養費制度を利用される皆様へ)をご参照ください。

例1:外科矯正の入院自己負担額30万円の場合

  • 年収0円〜100万円
    還付額26.5万円 / 差引自己負担額3.5万円
  • 年収100万円〜600万円
    還付額21万円 / 差引自己負担額9万円
  • 年収600万円〜
    還付額14万円 / 差引自己負担額16万円

例2:外科矯正の入院自己負担額50万円の場合

  • 年収0円〜100万円
    還付額46.5万円 / 差引自己負担額3.5万円
  • 年収100万円〜600万円
    還付額41万円 / 差引自己負担額9万円
  • 年収600万円〜
    還付額34万円 / 差引自己負担額16万円

1ヵ月の治療で支払う自己負担額が年収によって決まっているので、入院手術費用が自己負担額を越えていれば、それ以上の費用はかかりません。つまり、患者さんの症状にあわせて、最良の治療方法を選択することが可能です。年収や支給額は目安ですので、実際には個別の世帯や年収によって前後します。

2ヵ月のまたがる入院の場合は、上記より還付額が少なくなる場合があります。入院月以外の口腔外科治療費や矯正治療費は、限度額を越えない場合が多く、その場合は還付の対象になりません。

高額療養費貸付制度

高額療養費給付を受けるには一度3割負担分を支払わなければなません。還付まで数ヶ月程度かかる場合があるので、金銭的な余裕がない場合は、後日還付される金額を担保とし融資を受けることができる制度(高額療養費貸付制度)や、初めから還付額を見越して自己負担額のみの支払いにする制度(委任払制度)などが利用できる場合があります。病院の医事課、加入の保険組合や市町村などで相談すると良いでしょう。

顎矯正手術のリスクは?

顎矯正手術はほとんどの場合、全身状態が健康な状態で行われますので、外科手術の中では比較的リスクの少ない手術と考えられます。しかし、外科手術ですので担当医からリスクについて十分な説明を受け、ご自身がよく理解することが大切です。顎外科手術の術後に問題となるのは、顔(口唇やあごや頬など)に麻痺や知覚鈍麻、腫れが出ることです。麻痺や知覚が鈍くなった状態は徐々に緩和されますが、半年から数年続くこともあります。顔の腫れは、術後1ヵ月が経つ頃にはほとんど解消されてきます。

顎矯正手術後の進行性下顎頭吸収(PCR)

Progressive Condylar Resorption (PCR)

最近、顎矯正手術により手術後の下顎頭吸収(PCR)の発症が注目されています。これは、特に、顎変形症において下顎骨切り術の前方移動(小さい下あごを大きくする手術)において発症頻度が高く、Hoppenreijsらによると6〜20%、日本国内においても、6.25%と報告されています。本来の一般的なPCRとは、進行性下顎頭吸収のことをいいます。進行性下顎頭吸収とは、進行性の下顎頭の形態変化とそれに伴う著明な下顎枝の高さの減少と定義され、その結果として、上顎前突、開咬、顔面非対称といった症状が発現します。

顎変形症に対する顎矯正手術の術後に下顎頭の変形、短縮が発症し、overjetが増加し、overbiteが減少したもの(前歯が出っ歯になってきて、歯と歯が咬み合わなくなる)と定義しています。これは顎矯正手術により下顎を前方へ移動する(下顎が小さい場合に行われる)ことによって関節部において下顎頭の後方が圧迫され、骨吸収が進行するものと考えられています。一方、後方移動(下顎が大きい場合に行われる)においても関節部の下顎頭と下顎窩の位置が正しく適切でなければ、下顎頭は圧迫を受けることとなり、その結果、PCRが発症する可能性があります。

顎関節症と顎変形症

顎変形症を有する患者さんは顎関節症の罹患率が一般より高いと言われています。顎関節症は、現在でも不明な部分が多い病気です。そのため、検査・診断には全身疾患・不定愁訴との鑑別を含めた顎関節症に対する十分な理解をもって、治療および処置は特に慎重に行います。診断の結果、適切と判断される診療科へご紹介し連携をとりながら治療していく場合もあります。また、手術前後の矯正治療期間中だけでなく、外科手術に際しても特別な配慮が必要となります(手術時の骨移動量・手術方法・入院中の管理など)。

顎変形症と歯周病

歯の健康に対する意識の向上(『8020運動』による)や審美的意識の向上、また年齢にかかわらず矯正歯科治療が可能であるとの認識の広まりによって成人矯正の割合は年々増加する傾向にあります。顎変形症の矯正治療においても同様で、顎変形症手術件数は保険適用に伴い急速に増加し治療対象は高齢化の傾向を示すこと、特に中年以降の顎変形症患者に対する手術数は近年増加しています。

しかし一方で、歯に対する意識レベルは確実に向上しているにもかかわらず外科的矯正治療を希望する患者さんの口腔内において、特に中年以降の患者さんでは重度の歯周疾患、多数の補綴物や欠損歯などが多く見受けられます。顎変形症の治療を行うのに際して、徹底した歯周病予防と治療を行う必要があります。

良いかみ合わせを健康的に長く維持していくためには、矯正歯科治療前、治療中、治療後の継続的な口腔ケアが大切です。矯正歯科治療に伴ってケアの方法が若干難しくなり工夫が必要になりますが、ここで身に付けた習慣は将来の健康維持に必ず役にたちます。

よくいただくご質問

入院期間はどれぐらいですか?

手術内容や医療機関によっても異なりますが、一般的に1〜2週間程度です。入院は手術前日〜2日前となることが多いでしょう。

術前矯正治療はどれぐらいかかりますか?

症状や手術内容によっても異なりますが、一般的に1〜2年程度の術前矯正治療期間がかかります。

手術のリスクは?

骨の中を通る神経が傷つく事で、唇周囲の感覚の神経麻痺が生じる場合があります。手術後、数ヶ月から1年程度で改善する場合もあれば、麻痺がずっと残る場合もあります。また、全身麻酔による手術ですので、全身麻酔や外科的手術に伴うリスクも考えられます。

普通の歯科矯正治療で治すのと何が違いますか?

骨格的な不正を改善する事ができるポイントが最大の違いです。逆を言うと、骨格的なズレの少ない場合には適用にはなりません。

外科的矯正治療では保険がききますか?

顎変形症として認められるほどの症状が存在する場合には、健康保険を適用した保険診療が可能です。

ご予約