始める年齢・タイミング

 

矯正歯科治療を始める最適なタイミング。

幅広い年齢層の方が矯正歯科治療を受けています。(特に近年では20〜60代の成人の方が増えています。)開始時期や内容については、その方の症状や生活環境によって異なります。

お子さま

7〜8歳の時期に一度ご相談にお越しください。(ただし稀に5〜6歳から治療が必要となる場合もあります。)この時期からお口の中の状況と成長の状態を見ていくことで、最適なタイミングで矯正治療を行うことができます。

中高生〜大人の方

ご自身が「矯正をしたい」と思われた時が始めるタイミングです。50代・60代・70代の方でも矯正治療は可能です。その方のご都合・ご要望に合わせた様々な装置や治療法があります。

当院では、その方のお考えや状況をよく伺った上で、多くの経験と実績に基づき、最良な治療開始時期や内容についてご説明しております。ご希望の方はお気軽に初診相談までお越しください。

年齢層別の矯正案内

画像:小学生|7〜12歳頃

小学生|7〜12歳頃

永久歯がすべて生えそろう時期(11,12歳頃)になるまでは、歯並びだけでなく、あごの成長を誘導し、骨格的なバランスを整えることが主な目的です。最終的な歯並びを仕上げる永久歯列での矯正治療期間を短縮し、負担を軽減します。

詳しく

画像:小学高学年・中学・高校生|11〜20歳頃

小学高学年・中学・高校生|11〜20歳頃

永久歯が生えそろい、理想的な歯並びを目指して矯正治療を開始できる時期です。大人の矯正と違うところは、成長を利用した矯正治療を行うことで、あごの骨格的なズレを治すことができることです。また成人と比べて歯の動きが早いため、負担が少なく短期間で矯正治療を行うことができます。

詳しく

画像:大人・成人|18〜55歳頃

大人・成人|18〜55歳頃

矯正歯科治療は、美しさと健康を向上させてくれます。また、できるだけ目立たない矯正装置、全く見えない矯正装置、治療期間をできるだけ短縮するスピード矯正など、ご自身のご要望とライフスタイルに合わせ、様々な矯正治療法が選択できます。

詳しく

画像:ミドル・シニア|50〜70歳頃

ミドル・シニア|50〜70歳頃

より美しく、健康的な生活のために、また歯や歯茎の末永い健康のために、矯正歯科治療は大変有効です。「年齢によっては矯正治療が受けられないのでは?」これまでの経験や実例から、そんなことはありません。年齢ではなく、その方の症状、歯の周囲の骨や歯茎の状態(重度に歯周病が進行しているなどの問題がないか)、全身の健康状態など、様々な状況によって矯正治療の適否は変わります。

詳しく

年齢層別の矯正治療の特徴

画像:7〜12歳頃7〜12歳頃 画像:11〜20歳頃11〜20歳頃
治療開始時期
症状と成長時期の兼ね合い 症状と成長時期と受験など生活環境との兼ね合い
治療の動機
ご家族・ご本人 ご家族・ご本人
虫歯や歯周病
虫歯に注意 虫歯・歯肉炎に注意
顎関節症
比較的少ない 初期症状の発現しやすい時期
歯磨き
本人の努力と家族のサポートが必要 本人の努力と家族のサポートが必要
治療継続のために
本人の治療や歯磨きに対する理解が必要/家族のサポートが大切 本人の治療や歯磨きに対する理解が必要/本人の自主性が大切
治療の意義
将来のお口の健康増進・予防 将来のお口の健康増進・予防・審美改善
治療の目的
健全な永久歯咬合の発育誘導/成長を利用したあごの発育誘導 成長を利用したあごの発育誘導/美しく健康で機能的な永久歯咬合の完成
画像:18〜55歳頃18〜55歳頃 画像:50〜70歳頃50〜70歳頃
治療開始時期
生活環境・仕事・結婚・妊娠・転居・留学・転勤などとの兼ね合い 生活環境や体調との兼ね合い
治療の動機
ご本人 ご本人
虫歯や歯周病
虫歯・歯周病に注意 歯周病に注意
顎関節症
発症しやすい時期 症状がある場合には慢性化している
歯磨き
本人の努力 本人の努力
治療継続のために
転勤・転居・結婚・出産などの生活環境との兼ね合いが大切 全身の健康状態や、長期に渡る治療への理解が大切
治療の意義
将来のお口の健康増進・予防・審美改善 お口の健康増進
治療の目的
美しく健康で機能的な永久歯咬合の完成(成長誘導はできない) 特に健康と機能の改善/審美性の改善

45〜60分 | 3,000円 税別 | ご予約制
電話予約 03-6447-0455

ご予約