切端咬合・外傷性咬合

 

外傷性咬合の改善例

画像: 画像: 画像: 画像:
画像: 画像: 画像: 画像:

33歳|男性
治療期間 3年4ヵ月

お悩み

治療内容

歯を抜かないで行った外科的矯正治療

矯正装置

元々の上下のあごの位置にズレがあり、骨格的な受け口の症例です。中学生頃に矯正治療を受けましたが、その治療後、あごがさらに成長してしまい結局また反対咬合となってしまいました。またもともと骨格的に噛む力が強く、上下の前歯が反対であることもあり強く接触しすぎたことにより、外傷性咬合となっていました。下の前歯には隙間ができてしまい、下の前歯の周囲の歯茎が下がり、歯の動揺が見られました。

再び矯正治療で骨格のズレを改善せずに、上下の前歯の傾きだけで反対を改善することは、歯茎の低下などのリスクから望ましくありません。外科的にあごの手術を併用した矯正治療を行うことで、骨格的なズレから改善し、過度な矯正治療の負担が歯茎に及ぼないように配慮しならがら治療を行いました。結果として反対咬合や受け口の顔貌も改善され、根本的な外傷性咬合の原因も解消して下の前歯の歯茎の状態も治療前よりも改善されました。

治療の途中経過を見る

切端咬合・外傷性咬合の改善例

画像: 画像: 画像: 画像:
画像: 画像: 画像: 画像:

永久歯の前歯の生え換わりの時期に、上下の前歯反対となり咬みこんだ際に強く接触している状態でした。このように上下の前歯が強く接触していると、歯の根や歯茎に悪い影響を及ぼす外傷性咬合となりやすい状態です。この症例でも治療開始前の下の前歯の歯茎が片側だけ下がってしまっていることが分かります。成長期に上下のあごの成長誘導を行うと同時に、上下の前歯の位置や傾きやかみ合わせを改善することで、下がっていた歯茎が左右同じ高さまで回復しました。代謝の旺盛な成長期という適切なタイミングで治療を行えたことで、下がってしまった歯茎が改善したと言えます。成長の旺盛な時期に機能的な不正咬合や外傷性咬合に注意しながら、適切な上下のあごの成長誘導と歯の排列を行うことは、将来、永久歯が生えそろう時期の前準備として重要です。

治療の途中経過を見る

45〜60分 | 2,000円 税別 | ご予約制
電話予約 03-6447-0455

ご予約